さいたま市長 清水 勇人

さいたま市長ご挨拶

ご挨拶

第40回「北浦和阿波おどり大会」が、ご関係者の方々のご支援・ご協力により盛大に開催されますことを、心よりお祝い申し上げます。

「北浦和阿波おどり大会」は、商店街のイベントとしてスタートし、地元の皆様が創意工夫を重ね、地域のイベントとしての歴史を繋ぎ、今では、7月から続く「浦和まつり」のフィナーレを飾るイベントになりました。
阿波おどりのおはやしには、「踊る阿呆に見る阿呆、同じ阿呆なら踊らにゃ損、損」というフレーズがあります。観て楽しむだけではなく、「飛び入り連」や「乱舞」で踊りの輪に加わり、その迫力を体感していただきたいと思います。きっと皆様の身も心も弾むことでしょう。
今年も「北浦和阿波おどり大会」に、多くの皆様にご参加いただき、夏の良き思い出としてお楽しみいただければ幸いです。

さいたま市長 清水 勇人

PAGE TOP